支援級の先生が怒鳴ってる日常って・・・

先日、支援級全体の行事で学校に行くことがありました。

親の遊び道具を用意して子どもたちに楽しんでもらうイベント。

学校の先生は準備には関わらないけど、当日、子どもたちと一緒に行動してくれました。

 

そんな中、10~12人くらいが1グループになって回っていたのですが、

6年生の担任の態度にちょっと疑問を感じました。

 

工作をのんびりやっている、普段やんちゃな子に、

「まだやってるのか。」

こだわりのある子は同じことをしていても細かかったりして時間がかかるんですよね。

他の子は終わっていたかもしれないけど、時間まだあるし、遊びなんだから時間かかったっていいのに。

 

また、教室移動のときにきちんと列になって並ばないだけで、いきなり

「うるさーい!黙れー!」

文字だけだと伝わらないけど、言い方が、なんていうかケンカ腰の言い方、チンピラっぽいというか、とにかくガラが悪いんですよね。

そのとき、親も10人弱いたけど、みんなドン引き。

ドン引きって、こういうときに使う言葉なのね、って改めて思うほど、場がサーッと引いたのが分かりました。

 

確かに多少ウロウロしてた子はいたけど、1年生も一緒だったし、教室から廊下にちょっと出たくらいで遠くにいくわけでもなく、大きな声で騒いでいるわけでもなく、私からしたら許容範囲。

しかも私が、並ぶから中に入ろうかと言ったら、普通に指示にしたがってくれてて、怒鳴る必要あった?って思いました。

 

普段も、お迎えに行くときにこの先生を見かけるんですが、2回に1回は怒鳴ったり、子どもを追いかけてたり。

他の保護者やスクールカウンセラーさんに聞いても、普段からこんな様子で、怒鳴り声が響いているようなのです。

 

確かに、先生を馬鹿にした態度を取ったり、反抗的な子が今年の高学年に多く、手を焼いているのは分かるんです。

特に問題ある子は、小さな頃から支援級にいる子ではなく、高学年になって移ってきた比較的激しい子で、親は学校から連絡しても反応しないような無関心な方が多いようで困っていることも。

他の先生たちも、扱いは正直困っている様子があって、ヘルプに行っている普段穏やかな先生ですら、ムッとしたりイライラしたり(とはいえ、そんな下品な叱り方はしない)。

でも、そんな態度の子は怒鳴られても全然気にせず、むしろ、そういうのに弱い、苦手な子どもたちが先生の声を怖がったり不安がったりしている様子があって崩れてしまっていることが、以前から気になってたんですよね。

 

この先生は育休復帰したばかりの、そこそも年齢もいった女の先生なんだけど、支援級は初めて。

正直、支援級の子どもたちの扱いも分からず、指導方法も合ってないんだと思います。

この先生がこれまで受け持っていた普通級の子だったら、先生の顔色伺って大人しくなっていたのかもしれないけど。。。

 

ベララン教師が今年沢山抜けてしまって、担任は不慣れや教師なりたての方ばかりで、正直、今年の先生の配置ミスだと思いますが、それにしても途中でどうにかしようと動いても良かったんじゃないかな~と、本当にがっかりです。

最も手のかかる6年生がいなくなるまでの我慢なのか・・・。

 

以前はしょっちゅう支援級に顔を出していた校長先生も見る頻度がかなり少なくて、見捨てられたよう。

うちの子どもの学年は性格も穏やかな子が多いので落ち着いているのですが、学年が上がるごとに支援級の人数も増えているので、先のことを考えるとほんと心配です。

 

でも、こうした普通級からも出され支援級でも嫌がられてしまう、どっちにも行き場がないような子が、本当はすごく困っている(これから困ってしまう)し、手を差し伸べてもらうのが難しいんでしょうね。

 

ご訪問ありがとうございます。

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村

発達障害児を育てています 子育てブログ・テーマ
発達障害児を育てています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA