洋服を減らすには、やっぱりカラー診断が有効でした

40代になって、着るものに相当悩むようになりました。

昔はセンスの良し悪し、おしゃれかどうかはともかく、自分が好きなものというのが
はっきりしていたので、感覚で選べていたのに、それができなくなりました。
加齢で肌もくすみ、好きなもの=似合うもの、ではなくなりました。

私は新卒でアパレルに入社、販売をしていたのですが、かなりかわいい系でした。
その後も好きな路線は変わらず、アラサーでも森系、ナチュラル系。

でも、さすがに30代半ばも過ぎてくると、やばいですよね。
特に、背も小さいし、肉付きも良く(太ってるってほどではないと思うけど)なって
きたので、ただ野暮ったい人、部屋着みたいな人、です。

そこで、ずいぶん前ですが、大丸東京でカラー診断を受けました。
結果はパーソナルカラーはスプリング。
印象はインテリジェントということで、ナチュラル系のゆるいラインの服を処分。
かわいい系のお洋服も思い入れが強いもの以外は処分。
(見直しの度に減らしてほぼなくなりました)

黒系の暗い色のトップスも処分。
コート類はベージュ系が似合うようなので、チノパンとかのベージュの
ボトムも処分。
これだけでも、かなり洋服が減りました。2/3くらいになったかも。

それ以来、暗い色は基本的にトップスには持ってこないようにしています。
選ぶのが一番楽な白が多いです。

ただ、パーソナルカラー的には真っ白よりはアイボリーなんだけど、黄色が
強いと私の場合はやぼったくなるので、あまり黄色がかっていない白
(但し、青みが少ない白。上手く伝えられなくてすみません)
を選ぶようにしています。

ボーダーを選ぶときは、白の割合が多いもの。
白黒ボーダーも持っているけど、ライトグレーとか、グリーンとの
ボーダーのが良いみたい。

色ものだと、ピンクとかイエローも着ますが、肌が暗く見えないよう、
くすみがないものを。
でも、カラーはやっぱり難しくて、買うのに躊躇します。

カラー診断を受けたことで、買ってはいけない服、というものが増えました。
なので、衝動買いが減ったし、失敗も減りました。
今後の課題は全体的に枚数を減らすことです。

にほんブログ村テーマ 40代からの似合う服と小物の選び方へ
40代からの似合う服と小物の選び方

お読み頂きありがとうございます。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA