保護者会とPTA役員決めの様子

新学期に入って、保護者会がありました。
今年は支援級、普通級、どちらも参加してきました。

支援級の保護者会は毎回出てるけど、普通級の保護者会に参加するのは初めて。

息子は学区外の学校に通っているため、普通級の親御さんはほぼ知らないので
今まで敬遠してきたのですが、交流も増えたので一度挨拶しとこうと思いまして。

すごく緊張するのは目に見えているので、事前に言うことメモを書いていきました。
普段は支援級にいるので、交流で分からないことがあったら教えてください、
ということと、誤解がないよう、息子の特性を少し話しました。

知らない人の中で挨拶するのはものすごい緊張したけど、みなさん、耳を
傾けてくれて、心配するほどのことはありませんでした。
 

他の方の子どもの様子を聞くと、うちほどではないにしろ、少し傾向が
ありそうな子や、子育てに困っている話もあって、グレーの子が多いんだなと
改めて思いました。

中には、未就学のときに療育センターで会ったことがあるママも。
特別連絡先とか交換してなかったけど、一人でも顔が分かると安心ですね。

最初、療育センターで会ったことをいうのは嫌かな?と思いましたが、話しかけたら
どこかで会ったことがあるのは分かるけど、どこだっけな~と思ってたので
すっきりした♪と言ってもらえました。
良かった。

*****
 

そして、その後、PTAの役員決めの様子も見てきました。
うちは支援級の枠で後々役員をする予定なので普通級では免除されているのですが、
どんな感じで決めているのが興味津々。
よくもめる、とか、嫌な空気、って言いますもんね。

でも、全然もめることなく、決定。
低学年の早いうちにやっておきたいという人が多いので、すんなりなのと、
PTAの方針で、クラスで何人立候補してもいい(誰々と一緒にやりたかったのに
一緒にやれないならやらない、とかがない)、逆にやりたい人がいなければ
それでもいい(候補者いないなら、その係はいなくてもOK)という感じでした。

PTA会費を集めることも必要なので、役員の強制をしないようにしているみたいです。

まぁ、さすがにクラスで0って訳でもないし、高学年になったら大変そうですけどね。
地域的にフルタイムで働いているママが少ない方だと思うし、好きでやってる人も
いるから、成り立つんだと思います。

どちらにしても、比較的ゆるい学校でほっとしました。

 

にほんブログ村テーマ 発達障害児を育てていますへ
発達障害児を育てています

読んで頂き、ありがとうございます。

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA