支援級をすすめられたと相談を受けました

知人の子どもが、担任から支援級に転籍した方がいいと言われたと
相談を受けました。
実際に支援級にいる我が家に話を聞きたいということでした。

息子の学校は支援級への理解があり、先生も充実しているので、近隣の
学校の子が集まってきます。
なので、年間を通じて、転入、転籍の子がとても多いのです。

入学の時は普通級判定だった子や親の判断で普通級に行った子も、1年、2年と
学年が上がるにつれ、学力についていけなかったり、友達関係で揉めたり、
不安感から学校に行けなくなったりと様子も変わってくるので、
転籍を勧められる子が出てくるのは仕方ないことかもしれません。

しかも、最近は発達障がいへの理解も進み、支援級に籍を置く子も多く
なっているので、以前ほど大きな壁はないように思います。

でも、普通級でいる子が支援級にと言われたときの両親の葛藤は想像できるし、
我が家も就学相談で判定が出たときのショックは未だに忘れられません。

結果としては、息子は支援級に行って本当に良かったと思っています。
先生にたくさん褒められて自信がついたし、普通級でいるより心の安定が
図れているのは確か。
勉強も個別なので、得意科目においては、むしろ他の子より進むことも可能です。

また、細かな指導があるので、普通級では学べない手先の使い方や段取りの
仕方など、勉強以外のところが進み、それによって、日常生活がスムーズに
なったと思います。

発達障がいの子は、毎日の生活リズムを整えることがとても大事。
自己管理ができていないと、大人になったときに体調を整えて、健康な体で
仕事を続けるということができないからです。
健康を維持することは、収入を得ることと関係が深いのです。

少し脱線しましたが・・・、

私が考えるのは、学力はついていくのが難しかったとしても、
友達関係が充実していて、そのためになんとか頑張りたいと思っていたり、
本人が分からないなりに学びたい気持ちがあるのなら、自宅や家庭教師等で
補って、全く分からなくはない程度まではいけるかなと思います。

でも、授業が分からないことで不適切な行動があるのなら、それだけストレスが
生じているということだし、友達関係自体が上手くいかないのであれば、
移った方が心が安定するのかな、と。
最近の息子を見ていると、普通級に交じるには、学力より友達との関わりが
できるかどうかだとつくづく感じるのです。

その辺を踏まえて先生も転籍を勧めていると思うのですが、誰が(本人なのか
他の生徒なのか先生なのか)困っているのか、確認しないといけないですね。

但し、支援級から普通級に移るのはかなり確率が低いので、普通級から支援級に
移ってまた戻ることはさらに困難だろうと思います。
少し長い目で見ることも必要かとも思いますし、その辺の判断は難しいところ。
それは、学校の考え方にもよるので、しっかり話し合って判断して欲しいですね。

親の考え方も違うし、子どもの個性も違うので、何を選ぶかは価値観次第、
その家族にしか分かりません。
その子がどうするのかはまだ分からないけど、先行きを見守っていきたいと思います。

にほんブログ村テーマ 発達障害児を育てていますへ
発達障害児を育てています

今回も読んで頂き、ありがとうございます。

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA