専業主婦家庭、夫の家事&育児の協力はこれくらい

今の旦那さんは、仕事をしつつ、家庭への貢献を求められて大変だと思います。
我が家の夫の家事&育児協力についてまとめてみました。

まずは平日・・・

朝食はもちろん私が作りますが、夜に自分が出したものなど、テーブルを上を片付けて、
できたものから運びます。
朝食後は急いでいる時以外は、お皿をキッチンシンクまで持っていきます。

そして、出勤前に往復45分かけて越境通学の息子を毎日車で送ります。(私が運転しないため)
私だったら、校門まででいいかなと思うのですが、わざわざ昇降口まで行って、
先生や他の保護者に挨拶。
子どもたちにもなつかれて嬉しいみたい。
その後、通勤は電車なので、一度自宅に戻って仕事へ。

帰宅は遅く、家に着く頃には、もう私と息子は寝ているので(9時半までに私も一緒に寝ます)、
平日の夜は特にありません。
あるとすれば、月1回、新聞回収を出しに行くことくらい。

そして週末・・・

私が月に1~2回は遊びに出かけるので二人でお留守番。
最初の頃は用意してたけど、お留守番の日はマクドナルドなどに行きたがるので、最近では
お昼の準備をしません(これがあるから息子もお留守番が楽しみ)。

お留守番中はゲームばかりしているかもしれないし、何か買ってあげたりしてるかもしれません。
でも、間に何をしてても、遊びに行っている手前、私はあまり聞きません。
勉強させといて、とか~の練習させておいて、ということも言いません。

その他の週末はのんびり起きるので、10時、11時くらいまでは私が息子と過ごします。
主人は公園に連れて行ったりなど、外遊びを積極的にするタイプではないので、連れ出してくれる
とかはほぼありません。
出かけるなら家族みんなで。
子どもが小さくて毎日べったり過ごしていたときは、公園に連れ出す他のパパたちが羨ましい時が
ありましたが、幼稚園、小学校と、連れ出さなくても外で遊ぶ機会が増えてからは、あまり気に
ならなくなりました。

その変わり、週末の息子の面倒(歯磨きやお風呂等)は夫がすることが多いです。
それとお風呂掃除や洗濯ものを取り込むこと。
どっちがやるとは決まってないけど、私がやれなそうだなと思ったらやる、という具合です。

以上がパパ分担の家事育児ですかね。
毎日の送迎が一番大変なので、本当に助かります。

 

そして具体的な手助け以上に私の満足度を高くすること3つ。

実際に家事育児に関わっているわけではないけれど、私が夫に感謝していることがあります。

○一つ目は、夫婦で息子の学校の様子や成長、将来について話すこと。
書籍やママ友、先生からの情報を得たり、どういう道があるのかを調べるのは私自身ですが、
それについて相談することが多いです。
息子に発達障がいがあったからこそ、余計に話し合うことが多いとは思いますが、
協力して息子の将来を考えている感覚があるので、責任が自分一人にのしかかりません。

○二つ目は、私がやらない家事育児に対して批判をしない。
子どもが赤ちゃんの頃から、掃除ができていない、ご飯ができていない、等に対して
文句を言いません。
気にならない方なんだとは思いますが、できなかったんだなという事実だけで、
やる気がない、と思わずにいてくれることがありがたいです。

○三つ目は、「ありがとう」と言葉にしてくれること、です。
これは、息子にも引き継がれていて、小さなことでも「ありがとう」と言ってくれます。
何かを取ってもらった、から、大好きだよ、と言った言葉に対しても。
おそらく一番言えてないのは私だと思います。
見習わなくてはいけないですね。

こうして書くと、我が夫ながら、よくできた夫だなぁと思います。
夫に求めるだけでなく、それに恥じないような妻でいないといけないな、と反省です。

にほんブログ村テーマ **夫婦のコト**へ
**夫婦のコト**

今回も読んで頂き、ありがとうございます。

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA