支援学級の学習進度&自宅学習

今年度になり、担任の先生が若い方に変わりました。
2学年の合同クラスで、他にもベテラン先生がいるものの、学習は基本的に
学年別なので、その先生に教わっています。

比較的、軽度の子が多い学年ではあるけど、その中でも差はかなりあります。
支援級での学習はプリントメインですが、1年生の時はやり手な先生だったので、
子供たちの学習に関しても、それぞれ適正な内容を出してくれていたと思うけど、
今年は先生がそれぞれを見極める力がどこまであるのか心配になっています。

我が家の場合、先々交流や普通級に行くことも考えて、他の1年生に比べて遅れが
ない程度に学習を進めてほしいという要望しているのですが、新年度に入って
2か月間、1年生の復習ばかり。
しかも簡単な足し算、引き算、漢字、音読も短文と、簡単すぎるものでした。

あまりに進まないので、先生にそろそろ2年生の単元に入ってもらえないか
お願いしました。
そうしたら、具体的にどういう風に進めていきたいのかか希望を聞かれて
しまって…。

支援学級なので、どうしても支援級ならではの行事や教科(調理等)が入る分、
普通級と全く同じようにすることは難しいので、教科書を飛ばしたりするのは
良いのです。
でも、その中でも重要な内容はあるわけで、その取捨選択は先生で判断して
欲しいと伝えました。

支援学級は学習が遅れがちと思われそうだけど、実際は人数が少ない分、
進むときはスイスイと進んで、比較的に早いんですよね。
だから、普通級より早く進むこともあります。
ただ、凸凹さんなので、苦手な単元になると一気にやる気が落ちるし、
同じところで間違ったりも多々。

なので、そういった苦手分野を見極めて、時間の配分を考えてもらう必要があります。
その加減はいくら子どもの特性を理解しているとはいえ、親は素人なので、
先生の裁量でお願いしたいところ。

 

とりあえず、学校では先生にお任せしつつも、ちょっと不安な点もあるので、自宅では、
教科書の出版社のHPで見られる資料を参考にしながら、教科書ワークを購入して
やっていこうと思っています。

ただ、普段からデイや習い事で忙しい息子。
ゲームや好きな遊びをご褒美に上手く使いながら、自宅でどれくらい集中して
勉強させるか(つまりは私が怒らずに付き合えるか)、机まわりの環境を変えたり、
時間的なスケジュールを設定するなど、色々工夫をしていく必要がありそうです。

 

にほんブログ村テーマ 発達障害児を育てていますへ
発達障害児を育てています

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA