先生たちの連携が取れていなくて悩む

息子は支援級に所属しています。
担任の先生は二人いて、定年近いくらいのベテランと2年目の若い先生。
そして、交流学級はアラサーくらいの先生。
その3人の連携が取れていないようで、ほんと困ってます。
 
今、交流級での授業について問題があり話し合い状態なのですが、ベテラン先生は若い
先生を育てたい気持ちがあるんだと思うけど滅多なことでは口を出さず。
若い先生は一生懸命なことは分かるけど、こちらの質問が分かってないのか聞きたい
事が出てこない。
交流級の先生は求めるレベルが高く、指導に自信があるようだけど、柔軟性がない。
(そして本音出し過ぎるからこっちが傷つく)
 
学校であったことは担任の若い先生がまとめて話してくれるけど、交流の先生や
ベテラン先生から言われたことの伝達なのか、少し内容が深くなると答えられず、
かつ大事なところが抜けてたりするので、本人が理解して話してないのかなという感じ。
 
私自身、クレーマーにはなりたくないし、若い先生に育ってほしい気持ちと、立てたい
気持ちもあるので、ベテラン先生に直接聞くことはしてないのですが、とにかく事が
進まないのです。
 
ベテラン先生は学校の支援級の保護者に絶対的な信頼があるし、話をするときには息子の
特性をしっかり理解しているのが分かるのですが、問題があったときにまで若い先生に
任せっきりなその意図が分かりません。
 
若い先生がもっとできると思っているのか、思いたくはないけど、保護者対応を放棄
しているのか。
今年最初に担任が発表になったときは、若い先生だけれどベテラン先生がついて
いるなら安心だな、なんて思ったのが大間違いだったようです。
普段はともかく、せめてトラブルのときには対応内容について若い先生がどのような
伝え方をするのか、共有のためにも隣で聞いててもいいんじゃないかと思うのです。
 
交流級の先生は言い方がきつく、私としてはカチンとすることもあるので
支援級の先生に調整をして欲しかったんですけどね。
どうなってるんだろうというモヤモヤ感を、どう解消していくかが今年の課題に
なりそうです。

 

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA