今年度の就学奨励費通知が届きました

ちょっと前に、就学奨励費決定のお知らせが来ました。
就学奨励費とはこちら→文部化学省HP

要は、特別支援学級の子どもがいる保護者に出る補助金です。
(普通級に通っている子どもでも程度によっては出るらしい)
入学後、学校から案内があって知りました。

入学前に先輩ママから、ランドセルを買ったときの領収書取っておいた方がいいよ、
なんて言われてましたが、これのことだったのかと思いました。
ただ、私の住む地域は領収書の提出は特に関係なく、学用品という名目で一律で
出ていたので、何が対象になるかは地域によって違うみたいです。
(友達の住む地域はランドセル代が出るらしいけど、その子は知らずに領収書を
捨ててしまったら、代わりに入学式のスーツ代が出たと言ってました)

 

そして、どこまで出るかは収入によって違うのですが、我が家が支給してもらえる
もので大きいのは給食費。
自治体によっては半額や1/4というところもあるようですが、全額補助を頂いています。

そして、学用品代として月1000円前後。
その他、校外活動、宿泊訓練等は実費がでます。

交通費も出る階級なのですが、越境で通っている家庭は対象外なので我が家は実費。
実際にはバスや電車、車のガソリン代等で月に5000~8000円くらいの出費
(子どもだけで通学できないので親が一緒なので公共交通機関は二人分です)
ですが、上記の諸々の補助金があるので、±0といったところでしょうか。

これは入学してからしばらく知らずにいて、交通費も補助が出ると思っていたので
少しがっかりしました。
まぁ、でも仕方ないですね。
学区の支援級が嫌だといって他を選んだので。

でも、今でさえ、高いな~なんて言ってるのに、今後進学で電車通学
なんてことになれば、大きな出費ですね。
子どもだけだったら通学定期は安いからいいものの、通学に付き添いが
必要なんてなったら、ほんと大変だなと思いました。
授業料だけでなく、こういうものも考えていかないといけないですね。

と、脱線しましたが・・・

なお、この就学奨励費は収入や家族構成によって対象の内容が変わってくるのですが
他の補助金等と比べて収入制限の設定が低めだと思います。
特に我が家は3人家族なので、今の基準を保つために節税を意識した方がよさそう。

今年は私が体調を崩したり、歯医者に通ったりで、医療費が多めなので、市販薬等の
領収書も徹底的に取っておかなければ。

確定拠出年金やふるさと納税等の他に何があるのかなと考えて、
今年もしっかり節税して来年に備えていきたいと思います。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA