息子がぶつかってケガをさせる&自動車保険の特約

6月頃になるのですが、息子が高齢の方にぶつかって、相手の方が

ケガをするということがありました。

 

故の流れ

 

息子がふざけたり、押したり等、悪気があったのではなく、人の波に押されて

後ろに下がったら、たまたま通りがかった相手が転んでしまい、顔面から着地。

眼鏡が割れ、血がだらだらと出て止まらず、頭への影響も心配だったので

救急で病院へ行くことになりました。

 

相手方は息子がふざけていてぶつかったと思ってはいたものの、

子どものやることなので仕方ないけどお母さん注意してよ、

と言われただけでした。

だけど、出血が止まらず救急が来たこと、息子が後方を確認しなかったこともあり、

相手にはせめて破損した眼鏡を負担しますというお話をして、連絡先を交換して

別れました。

 

 

自動車保険に電話

 

眼鏡を弁償すると言ったのは、申し訳ない気持ちはもちろんですが、

自動車保険に家族の個人賠償特約を付けていたので、それで支払いが

できるかなと思ったからでもあります。

我が家はセゾン自動車火災保険のおとなの自動車保険に入っていて、更新の度に

毎年必ずつけるようにしていたのです。

(個人賠償保険特約はこんな内容でした→

特約を使っても自動車保険の等級には影響はありません)

 

そこで、まずは保険会社に電話。

大まかな流れを話すとすぐに、支払いの対象になりますと言われました。

支払いの内容は新しい眼鏡の購入額(特に上限はないけど常識の範囲)と医療費や

それにかかった交通費等。

そして、連絡は保険会社からしてくれると言うことだったので、先に

お電話で、改めてお詫びとともに、支払いできる内容と、保険会社から

連絡してもよろしいでしょうかとご確認しました。

もちろんOKということで、その後は保険会社にお任せすることができました。

(ご自宅にお邪魔して再度お詫び、と思っていたのですが、相手側からそんなこと

しないでくださいと断られてしまいました)

 

そして、つい先日、相手に特に後遺症もなく問題ないということで、

医療費も含め、支払い完了となったのでした。

最後に、相手の方に再度体調の確認と改めてお詫びの電話をして終了。

相手の方は良い方だったのが、不幸中の幸いでした。

 

 

息子への注意

 

今回はタイミングが悪かったといえばその通りなのですが、普段から不注意気味では

あるので、動くときは回りを見渡すよう、再度指導をしました。

そして、息子に、不注意なところがあるという自覚をもってもらいたいということも。

 

今回は本当に良い方だったけど、これが悪い人だったらもめることもあるし、

高齢の方だと、ちょっとした事故から寝たきりになったりする可能性もあるし

いくら注意しても足りないことはないですからね。

 

それにしても、どこの自動車保険でもあると思いますが、個人賠償を

付けといて本当によかったです。

みなさんもご確認を~。

 

にほんブログ村テーマ 発達障害児を育てていますへ
発達障害児を育てています

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA