偏頭痛で検査&エンディングメモ作成

以前から偏頭痛があったのですが、先週の台風から1週間以上、頭痛が

続いています。

なんだか手首も硬くなってきてなんだか不安。

朝、昼、夕方、夜中と痛んで、もしこのまま突然倒れてしまったら、

どうしたらいいんだ。

このまま寝て起きなかったらどうしようと不安にかられたので、

脳神経外科でCT検査をしてきました。

 

結果は異常なし。

気圧とか気温のせいなのか。

安心したのか、検査した後はなんとなく頭痛が軽くなったような感じでした。

(ちなみにCTにかかった料金は5,000円くらい。

一度は調べたいと思っていたので保険診療でできて良かったです)

 

でも、こういうとき、いろんなこと考えてしまいますよね。

終活には早いけど、いざというときリスト、はやっぱり必要。

数年前に、一度専用のエンディングノートに書いたことがあるけど、こういうのって

更新しないと意味がないので、改めてパソコン内にテキストで残しました。

 

経済的なことは、私の死亡保険としてお葬式代くらいの金額と、息子が20歳くらい

まで、月に10万円降りることになっています。

月々の10万円は祖父母の協力や家政婦さんなどを雇うのに使ってもらうとして、

後は主人の稼ぎがあるので問題ないかと思います。

(あ、あと、学資保険が私の名義なので支払い済みだけど少し戻ってくるはず)

 

でも、まずは銀行口座や保険のこと、息子の学校や習い事関係、かかりつけの

医者のことなど、家のことがよく分からない旦那は何をしたらいいのか、

どこに書類があるのかすら分からないだろうと思います。

我が家は私に任せっきりなので。

 

とりあえず、どこに口座があるのか、保険はどんなものがあるのか、その書類は

どこにあるかなどを残しました。

それに、延命や告知、お葬式、持ち物の処分、息子の今後について、さらには主人の

再婚についてなども書いてみました。

 

最後にメッセージですが、とにかく号泣ですよ。

家族を思う私に酔って号泣なのかもしれないですけど(笑)

何かあったとしても、ママよりパパが大好きな息子だし、もし私がいなくても

二人は仲良くやりそうですけどね。

 

でも、どんなに優しくても、他の人の手を多少借りたとしても時間が足りなくなるだろうと

思うので、その辺はどうしたらいいのかというところが問題かと思います。

息子が障がい児な分、デイサービスや一時預かり等、福祉の手は借りやすいと思いますが、

他にも民間のサービス等、調べておくと安心ですね。

 

こうやって色々考えると、経済的な面だけでなく、子どもの精神的な面でも、

私に何かあるより、旦那に何かあった方が心配です。

(子どもが一番好きなのは旦那。それは私も悔しいと思わないほど、心のきれいな優しい人なので)←のろけです。

でもとりあえず必要なことは書いたのでひと段落。

まぁ、そんなことが起きないよう、健康第一でそれなりにみんなで長生きできるのが

希望です。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA