ハロウィンとぴかちんキット

1ヶ月も前からハロウィンを楽しみにしていた息子。

ここ数年、ハロウィンには、マンションのお友達とみんなのうちを回っています。

今年、息子がなりたがったのは、ぴかちんキットの主人公、遠松エイジくん。

 

ぴかちんキットは土曜の9時半からやっている発明アニメ。

ぴかちんキット

遠松エイジくんはトーマス・エジソンをもじった名前の通り発明が得意な子。

半分アニメで、半分が実写の実験(内容はほぼコメディ)という構成です。

 

発明アニメなので、発明グッズが次々と販売されており、最近のおねだりはほぼこれ。

1個1,000円~2,000円くらいの価格なので、ご褒美とかお小遣い貯めてとか

結構集まりやすいんですよね。

頻繁に発売されるので、息子は毎週、大手家電屋さんのおもちゃコーナーをチェック

しています。

 

そして、この1年で息子が手にしたのは10個以上。

地道に毎日のお手伝いでお小遣いをためて。

勉強をいつも以上にやった上にゲーム時間を減らしたときのシールポイントをためて。

スイミングの級が上がったときのご褒美。

などなど。

 

それでもどんどん発売されるので、きりがないんですよね。

発明グッズに合わせてキャラクターもそれぞれ発売されているのですが、

それを集めるのは無理と言っているものの、コレクター気質の息子は

全て網羅したいみたい。

私も収集癖がある方なので、気持ちは分かるんですけどね。

 

テレビで見たその商品そのものが手元にある、ってことが大興奮らしく、買った

直後しばらくは、録画していたその発明グッズが出てくる回を一緒に見ながら遊んでいます。

 

大人から見ると、商品のクオリティとしては突っ込みどころ満載なものも沢山で

部品が壊れることもしょっちゅう(°°;)

パーツの一つから、数十円~数百円で別売りしているので、壊れたり割れたり

したのがたまったら(それもどうかと思いますけどね。多いときは7パーツぐらい

請求しました)メーカーに注文しています。

封筒に注文書と金額分のお金を入れて送るんですが、現金は郵便法的にもちろん

ダメなので、100円以上は為替、端数は切手、とかちょっとだけ面倒です。

 

そして話は戻って今日のハロウィンの仮装ですが、頭にトレードマークの「?」

(段ボールで手作り(笑))をつけて、ぴかちん大百科という販売されている

ファイルを持っただけ。

服装はパーカー(キャラクターで着ている色とかは無視。家にあったもの)と

デニムという、普通の格好です。

まぁ、息子は仮装のクオリティは気にしないし、私も1日のためだけにお金を

かけたくないので、それで済んで良かった(笑)

 

ただ、小さい子の家とかアニメを見ていない家が多く、何の仮装か8割以上の子が

分かってなかったと思います。

でも、自分がなりたかったものになれたし、自己満足でいいのかな。

本人はすごく楽しく、持っているグッズを自慢しながら(アニメを知らない人にも

一方的に話すといういつもの癖が爆発)過ごしていました。

そろそろ成長と共に参加を見送る家も出てきたので、うちもいつまでハロウィンを

楽しめるか分かりませんが、本人が楽しみにしているうちは付き合えたらいいなと

思います♪

 

にほんブログ村テーマ 発達障害児を育てていますへ
発達障害児を育てています

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA