今年も宿泊学習へ

支援学級で毎年ある1泊の宿泊学習。

今年も行って参りました。

 

幼稚園ではお泊まり保育がなかったので、去年初めてひとりでお泊まりしてきた息子。

親はハラハラしてましたが、帰ってきて先生に聞くと、「全然大丈夫でしたよ~」。

人見知り、場所見知りがほとんどない息子なのでそうだろうと思っていたけど、

嬉しいような寂しいような気持ちでした。

 

そして2回目の今年。

勝手が分かっているので息子も余裕。

去年は夏休みくらいから、お風呂で体や頭を洗う、などの生活面も練習させなくては、

と私も張り切っていましたが、今年はそんな心配もなく、ただ楽しく行ってくれたらな

と思うばかり。

 

去年は万が一に備えて自宅待機してたけど、今年は途中で迎えに来てください

ってことはないだろうと踏んで、友達とランチへ。

でも、着せた洋服が薄着だったかな、風邪ひいてないかな、と、結局なんだか

落ち着かない日を過ごしました。

 

主人はいつも帰りが遅いので、その夜は家に私ひとり(と猫)。

一人でいると色々心配してしまうので、息子がいないのに、いつものように9時半に就寝。

 

お迎えがある次の日は毎年、支援学級の懇談会があるので少し早めに学校に向かいました。

そして、同じ支援級のママたちとおしゃべりをしているうちにあっという間に帰りの時間。

 

息子は笑顔いっぱい。

楽しんできたようです。

お土産は家族のためのお菓子と、自分のためにキーホルダー。

去年はお土産と言いながら自分が欲しいものを2つ買ってきたので成長♪

お土産話はまだ難しいけど、聞いたことを少しずつ話してくれました。

 

ただ、やっぱり薄着だったのか、その後体調を崩してしまいました。

自分で服装の調整をするのもまだ難しいので、季節の変わり目は気をつけないと。

来年はしっかりした上着を持たせなくては、と反省した母でした。

 

にほんブログ村テーマ 発達障害児を育てていますへ
発達障害児を育てています

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA