教育費 まずは積み立てでコツコツと。

教育費の見直しは、子どもが産まれてから何度か行ってます。
まず、発達に問題があるとは全く分からなかった、産まれてすぐにしたこと。
それは、地道に積み立てていくことでした。
学資保険も考えていましたが、毎日のお世話に手一杯だったので、それは後々のこと。

そして、私たちはそんなに若くはなかったので、小学校(12歳)までに貯めたいと
思っていました。
そのため、まずは月に5万円、子ども名義の口座へ毎月入れることにしました。
出産祝いにもらった20万円ほどの現金も、内祝いには使わずにそのまま
子どもの口座へ。
私も育児休暇中で月に10万ほどの収入があったので、余裕だったと思います。

さらに当時は子ども手当が月に13000円(←懐かしい)、その後は児童手当。
これらを積み立てていくと、900万円くらいになるので、ほぼ賄える予定です。

***

そして育休明け。
申請はしたけど、保育園に入ることができませんでした。

そして私が専業主婦になったので収入はもちろん減り、幼稚園にも通うように
なったので、貯金はスローペースに。
予定が変わり、貯金額を月5万から3万円に引き下げました。

月に2万下げるということは、12年間で280万くらい減るので、620万円。
一般的な教育費には微妙な額です。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA