我が家の学資保険

教育費を考える上で、なんとなくはじめに出てくるのは学資保険ですよね。
出産後、日々のバタバタで忙しくして後回しになっていました。

そんな中、教育費の積み立てを月5万円を続けていた2歳の頃、金額が貯まってきたので、
そのお金をどこで貯めようかなと思ったとき、学資保険払っちゃったらいいんじゃない?
と思いました。
ついでに自分たちの保険の見直しも、と思い、保険の見積もりサイトで依頼。
来てくれた方に、当時人気だったアフラックとソニー生命の学資保険の見積もりを
してもらったところ、300万10年払いで、返戻率は107~110%ということでした。

そして結果、私が選んだのは郵便局のかんぽの学資保険。
かんぽって、元本割れする、なんて言われてたので考えてなかったのですが、
私の希望は一括払いだったので、かんぽの学資保険の全期前納の金額を
聞いたら返戻率109%くらいで変わらないなと思いまして。。。

全期前納は、一時払いとは違って、途中で親が何かあったら、以降の年月分の
支払い金額の返金もしてくれます。
親の死亡リスクも一緒にカバーできるのが学資保険の良いところなので、
とても良いなと思いました。

ただ、当時はあまり調べることをせずに、全期前納と一時払いの違いも分からず、
他の会社では一時払いしかできないと思ってました。
そのために手近なかんぽにしてしまいましたが、他にも全期前納できて返戻率が
高いところがあったと思うので、もっと調べればよかったですね。

そして契約者は私に。
手続きしやすいこともあるし、主人の生命保険は、昔からの利率の良いものが
多いので減らしづらく、どちらかというと私の保険が手薄だったので、
補填になりました。
それと、毎年の保険料控除も、主人の枠は他の保険で上限いっぱいなので、
今後仕事を始めた時など、私の控除に使えます。

ということで、まずは積み立てから100万円を学資保険に回しました。
そして5歳の頃、さらに200万円を追加しました。
ここで、300万円分の学資保険が貯まったことになります。

ちなみに最初の100万円を積み立てしたときに、子どもの医療保障をつけました。
これは、コープ共済のように個人賠償はないので迷ったのですが、
まとめて支払えば月254円とお手頃だったので、個人賠償保険は自動車保険に
付けられるし、男の子だから怪我するかもしれないし、と理由をつけて、
つい支払ってしまいました。
とはいえ、18歳までの分を一括して55,000円。
子どもの医療費は補助金が出るし、必要なかったと思います。

でも、後に発達障がいと診断が出たので、他の保険に入りにくいし
注意欠陥傾向があるため、不注意による怪我等があるかもしれない。
お守り代わりとなっています。
もちろん、使わなくて済むのがベストですけどね。

********

学資保険
かんぽ生命 「全期前納」
払済金額 275万 
満期金額 300万

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA