息子の成長 その4 民間の療育開始

幼稚園に入る前の夏頃、近所のおうちに遊びに行きました。
その家には息子より2歳年上の発達障がいの子どもがいたので、幼稚園入園に際して
色々参考にさせて頂きたいと思ったのです。

話を聞いて思ったことは、2年の差なのに、各幼稚園の発達障害への受け入れが
良くなったこと。
我が家がプレに通った幼稚園2カ所も、2年前には受け入れられないという返答
だったというのです。
発達障がいへの理解が、こんな短期で変わるとは。
息子にとっては行きやすい世の中になってるのかなと感じました。
 

そして、その家では、幼稚園や地域の療育の他に、病院や民間の療育機関に
通っていると聞きました。
それまで、地域の療育には行っていましたが、他に療育を考えたことは
ありませんでした。

地域の発達センターもその頃は相談できるようになってたし、それで満足、
それが全てだと思っていたのです。
でも、聞いたからにはすぐ行動したくなるのが私の性格。
特にその頃は4歳までに療育を始めないと、という思いが強かったので、早速
何から始めたらいいのか聞いてみました。
 

それには受給者証が必要で、取得するには診断書が必要とのこと。
まだ診断を受けていなかったけど、通っている地域の発達センターで
書いてもらえるということだったので依頼。

受給者証の申請と平行して、施設の見学を開始。
ママ友に教わったところは人気で、順番待ちが沢山いました。
さらに半年経ち、入園前の少し前になってようやく順番がきて、民間の療育を
開始することができました。
 

そして始まった初回、先生の息子のやりとりの様子や、その後の先生の所見を
聞くと、息子の特性をしっかり把握していて、手応えを感じました。
息子もたくさん遊んでもらって、褒めてもらってとっても楽しそう。
その時から今でも教室は変わったものの、同じ系列のところに通い続けています。
 

私のまわりには、グレーかなと思う子は沢山いても、実際に診断を受けた子や
療育を受けている子がほとんどいません。
そして、地域の福祉課の方ですら、よく分かってないことが沢山。
受給者証の存在ですら、地域の療育機関や福祉センターで話題になることが
なかったのです。

いろんな公的サービスもそうですが、知らないと損、申請しないと損なことが沢山。
このときから、同じ障がい児のママたちとの交流や情報収集は必要だなと思いました。

そして、発達診断を受けたクリニックも、その後かかる病院もそうでしたが、
数ヶ月~の順番待ちは当たり前。
何でも早く動かないと、どんどん後になってしまうので、自分に行動力があって
良かったなと思います。
 

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA