教育費はいくら必要か

にじいろ息子のため、教育費の目安は一般的な子と同じにしてよいのか、
それともできるだけ手をかけた方がいいのか、いつも悩んでいます。
まだ先のことだけど、準備期間が他の子より必要なので、より早く考えて
あげなくては。。。

ということで、大体の家は、自分たちを基準に考えると思うので、夫婦のことを少し。

私→保育園→幼稚園(公)→小学校(公)→中学校(公)→高校(県立)→大学(私立文系)
主人→幼稚園(公)→小学校(公)→中学校(公)→高校(都立)→大学(私立文系)

ちなみに大学はどちらも3~4流(笑)
奨学金は受けておらず、学費は親がすべて出してくれました。

なので、二人ともすごく似てるんです。
公立でできるだけ通って、それほど優秀なわけじゃないから大学は私立でも
仕方ないねって感じでしょうか。
学力はよくあるように、小さい頃はできたけど、段々普通になってきて、高校では
ほとんどの子が大学は行くくらいの進学校ではあるけど、東大に行くような子は
何年かにひとり、みたいなレベルです。

私の場合は大学時代一人暮らしだったのもあって、月15万円ほど、学費とは別に
仕送りしてもらっていました(バイトはしていたけど、自分の趣味や付き合いに
使っていた)が、主人は1浪して予備校に行っています。

時代にもよりますが、教育費をどれだけかけられるかは家庭の経済状況によると思うので、
両家は比較的似ています。
なので、私たちの価値観、経済観念も似てるんだと思います。

ということで、普通の子だったら、同じような将来を考えたと思います。
公立なら高校までの学費やお稽古事は毎月の収入の中でやりくりできるかな。
だから、学費として用意しないといけない金額は、自分たちは行ってなかったけど、
今の時代だから高校受験から塾が必要として、
高校受験+大学受験のための塾代が2~300万、
大学費用は私たちは文系だから同じかなぁ、自宅から通ってもらうとして400万とか?
合計700万くらい(高校までの授業料や習い事除く)用意すればいいのかな、と。

でも、にじいろ息子。
中学、高校での人間関係がどうなるかによって、自己肯定感がだいぶ違う
のではないのかと思います。
なので、大人数の公立中学でなく、手厚い私立を視野に入れるとなると+300万、
中学受験のために小学生で塾に行くだろうけど、集団は多分合わないと思うので、
個別指導か家庭教師で+200万。
私たちは文系だけど、はっきりした答えがある方が得意な性質だから理系かも
しれないから+200万。
でも、私立だと塾代は少し減るから-200万。
となると、合計1200万。
当初の予定より500万円、余分に用意しなければ、と思うわけです。
(注.地域によるし、ざっくりした試算ですので、調べてくださいね)

当初月5万×12か月×12年(小学生までで貯める)でずいぶん貯まるなと
予定していたけど、全く足りないですね。
プラスして児童手当が出るとはいえ、やっぱり足りない。

私立に進めるようにもっと毎月の金額を上げて貯めていくのか、
反対に公立中学で頑張れるように訓練をすることが大事なのか、
状況によってどちらにでも対応できるようにしていかないといけないですね。

まぁ、逆に、学力不足で中卒、高卒になるかもしれませんが、
それはそれで、専門がなくコミュニケーションが苦手な子は、仕事が限られ
生涯収入がかなり減ると思うので、成年後も親の負担が必要な気がします。
(息子は診断はされているけど、今の状態だと手帳は持てない程度で、
障がい者雇用で仕事に就くことができません)

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA